むかごご飯を作りました

やまと芋の掘り起こし作業の時、女性陣は、掘り起こし前の畑で「むかご」拾いをしました。

「むかご」というのは、やまと芋の実で、この実が畑に落ちると次の年から3年かけてやまと芋に育ちます。

しかし、やまと芋の生産農家では、出荷できるやまと芋の育つまで3年も待てないので、「むかご」から育てずに、別に準備した種芋から育てます。

この落ちたむかごは、そのままにしておいても、腐ってしまうだけなので、時間のある時には、むかご拾いをします。

拾った「むかご」を、どうするかというと、洗って、ご飯と一緒に炊いて、むかごご飯にします。

このむかごご飯、とってもおいしいですよ。これは、やまと芋の生産農家でないと味わえない味です。

 

枯れたつるに成っている、丸いのが、やまと芋の実である「むかご」です。
むかご拾い
 

子供も手伝ってくれました。
むかご拾い
 

洗ったむかごです。まだ黒いですが、土を洗い流してあるので大丈夫です。

むかごご飯
 

むかごご飯(炊き込みご飯)を作ります。だし汁を入れて、上にむかごを入れます。
むかごご飯
 

むかごご飯の出来上がりです。本当は「むかご」だけでいいのですが、今日はぶなしめじがあったので一緒に炊き込みました。
むかごご飯 とてもおいしく、出来ました。(笑顔)
 
 http://yamatoimo.com/diary/%e3%82%80%e3%81%8b%e3%81%94%e3%81%94%e9%a3%af%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f.htmlhttp://yamatoimo.com/diary/%e3%82%80%e3%81%8b%e3%81%94%e3%81%94%e9%a3%af%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f.htmlhttp://yamatoimo.com/diary/%e3%82%80%e3%81%8b%e3%81%94%e3%81%94%e9%a3%af%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f.html

関連記事

販売商品

  1. ご贈答用やまと芋(大)

    ご贈答用に最適なセットです。価格(税込み、一部地域の送料込み):4,300円…
  2. ご贈答用やまと芋(小)

    ちょっとした贈り物に最適なセットです。価格(税込み、一部地域の送料込み):3,100円…

スポンサード広告

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災被災者支援活動の第7回目として、3月14日に、被災地にねぎなどの野菜を送りました! …
  2. 東日本大震災被災者支援活動の第6回目として、9月20日に、被災地に野菜を送りました! 今回も、…
  3. 東日本大震災被災者支援活動の第5回目として、3月15日に、被災地にねぎなどの野菜を送りました‼︎ …
  4. 町田ファームのある伊勢崎市境島村には、世界遺産登録を申請している「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成遺…
  5. 11月10日の、第34回さかい産業祭農産物共進会 やまといもの部で、町田ファームのやまと芋が、優秀賞…

スポンサード広告

新着記事

ピックアップ記事

  1. 2016-4-10

    世界遺産に登録された田島弥平旧宅と澁澤栄一生家

    町田ファームの近くには、世界遺産に登録された田島弥平旧宅や大実業家澁澤栄一ゆかりの地があります。 …
  2. 2015-3-22

    第7回目(2015年3月)の支援活動

    東日本大震災被災者支援活動の第7回目として、3月14日に、被災地にねぎなどの野菜を送りました! …
  3. 2015-3-22

    第6回目(2014年9月)の支援活動

    東日本大震災被災者支援活動の第6回目として、9月20日に、被災地に野菜を送りました! 今回も、…
ページ上部へ戻る